2013年11月アーカイブ

クラブ活動でわくわく工作

PB260322.JPG 口之島小のクラブ活動(4~6年)は,2学期からスタートしました。今までの3回はバドミントンをしてきました。シングルスの総当たり戦やトーナメント戦を行い,そのどちらでも6年生が全勝し,1位を獲得しています。4年生のある子は1回目では6年生に1点しか獲れなかったのですが,3回目には7点も獲ることができるまでになりました。手前や奥に打ち分けたり,空振りが少なくなったりしてきたので,ラリーも続き,バドミントンの楽しさを感じる時間になりました。

 さて,26日(火)からは,セカンドシーズン★

 今度は『実験』に取り組んでいます。今日,取り組んだのは『ペットボトルロケットづくり』です。エンジン部分,ダミーエンジン部分,飾り,ハネ部分を分担してつくり,最後にドッキングさせました。算数の学習で学んだ垂直の描き方やおうぎ形の作り方が随所で生かされた工作になりました。

 写真で分かるように,2台のロケットが完成しています。次回はラムネ作りを行い,ラムネを食べながら,ロケット発射実験を・・・と予定しています。さて,どのくらい飛ぶことやら。

文化祭

 今年の文化祭のスローガンは、「輝く口之島へ 元気と笑顔でひとつの輪

を」でした。子ども達は、エイサー、学習発表、小中合同劇、金管バンドを精

一杯頑張りました。また、今年はいきいき教室のみなさんのストレッチもあ

り、とても賑やかな舞台発表となりました。展示発表では、授業で作った作

品や地域の方の塗り絵、婦人会の方の石絵などを展示しました。

 学習発表は、それぞれの学級で9月から準備に取りかかりました。自分

達の考えや感じたことを島民のみなさんにも聞いてもらいたいという思いか

ら内容をまとめ、読む速さや表情、明るい声で話すことなどに気をつけて、

たくさんの練習を重ねてきました。クラス全員の前で発表したり、ペアで互

いに聞き合ってアドバイスをしたりする中で、子ども達は「伝え合うこと」に

興味をもち、本番でも生き生きと表現することができました。

第25回口之島文化祭

 11月2日,第25回口之島文化祭が開催されました。この日に向けて子どもたちは

金管バンドやエイサー,小中合同劇の練習など,昼休みや放課後などを使い

一生懸命練習を行ってきました。

 特に,小中合同劇の練習は,10月に入ってからほぼ毎日のようにありました。

今年の劇の題名は,「この輝きを永遠に」。島の子どもとして,口之島を愛する心と

大切にする気持ちを表現した劇です。最初はセリフを覚えるだけっで精いっぱいだった子どもたち。

声が小さくて聞こえないと注意されたこともあり,台本を片手に何度も何度も練習をしてきました。

声を大きく出すこと,動作は大きくすること,早口にならないようはっきりと話すことなどを

心がけながら練習に励みました。PB020237.JPG

 日に日に練習を重ねるにつれ,どんどんセリフも覚え大きな声がでるようになりました。そして一人一人がいきいきとした表情で演技することができるようになりました。

 本番では15人全員がそれぞれの役柄になりきり,心をこめて立派に演じることができました。そしてお客さん達からもたくさんの拍手をいただき,感動につつまれた劇となりました。この劇を通し,子どもたちが伝えたかった「島の子どもとして島を愛する心・島を大切にする気持ち」が,劇をご覧いただいた島民の皆様に伝わっていることを願っています。

 また,エイサーや金管バンド,各学級の舞台発表などでも,PB020260.JPG子ども

たちは日々の練習の成果を十分に発揮することができました。15人の子どもたち全員の頑張りによって創られた,とても素敵な文化祭となりました。

 

検索

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ