2017年10月アーカイブ

 10月14日(土)に,「第11回トカラ列島島めぐりマラソン大会」が行われました。走る前と走り終わった後に,雨が降りましたが,幸いに走っているときには雨は降りませんでした。平島・小中学校は,児童生徒5名,職員4名の計9名でタスキをつなぐリレーマラソンとして参加しました。約4キロ弱のコースでしたが,平島も他の島同様に坂が多く,ランナーにとってはなかなか大変なコースだったと思います。子どもたちも,それぞれ任された区間を一生懸命に走り,ゴールまでタスキつないでくれました。また,翌朝は港にてフェリーの見送りがあり,平島太鼓を演奏しました。フェリーからは大勢の方々が見てくださっていて,あんなに大勢の観客の前で演奏したのは初めてだったにも関わらず,子どもたちや職員は最後まで立派に演奏していました。あっという間に終わった二日間にわたるイベントでしたが,子どもたちにとっても貴重な経験になったと同時に,子どもたちの校外での頑張りを見ることができて,職員にとっても嬉しいひとときでした。

 平島小・中学校では,様々なイベントに積極的に参加して,たくさんの思い出を作ることができます。その経験が,きっと自分の人生にとって何かの役に立つと思います。南の島ならではのいろいろな体験をすることは,小中学生にとって成長の糧になると信じて,これからもたくさんの体験活動を計画していきます。

トカラ列島マラソン①.jpg トカラ列島マラソン③.jpg トカラ列島マラソン②.jpg

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

島豆腐作りに挑戦!そのおいしさに感動しました!

 10月10日(月)に,総合的な学習の時間で「島豆腐作り」が行いました。島豆腐は,にがりとして「海水」を使用するという特徴があります。今回は,寮監さんに講師をしていただき,島豆腐作りに挑戦しました。初めて体験する子ども,体験したことのある子ども,職員も含めて全員がとても興味深そうな様子でした。大豆をミキサーでくだいたり,鍋で焦げないように煮込んだり,子どもたちも率先して手伝っていました。出来上がってからの試食では,どこからともなく「おいしい!」という声が上がっていました。ほんのり塩味がして,薬味をつけなくても大変おいしかったです。子どもたちも,自分たちで一から作った豆腐は,格別のものだったようです。

 平島小・中学校では,平島の「伝統」「人」「自然」を生かした学習をたくさん取り入れています。地域の方に講師をお願いするなどして,子どもたちにとって非常に貴重な体験の場となっています。昔から引き継がれてきた「島豆腐」作りです。最近は、作る人も少なくなってきています。しっかりと受け継いで、平島の伝統として残していきたいものです。(悪天候のため、ここ10日ほど、インターネット回線がつながらずホームページ・ブログの更新ができませんでした。暫定的につながっていますが、完全復旧するにはもうしばらく時間がかかりそうです。復旧しましたら、またブログの更新を定期的に行っていきます。)

島豆腐作り③.jpg 島豆腐作り②.jpg 島豆腐作り①.jpg

★ 平島小・中学校(十島村)では,随時,「山海留学生」を募集しています。

  「山海留学生」の募集については,こちらをご覧ください。

検索

このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。