2019年2月アーカイブ

 2月22日(金)のタイラの時間の子どもたちの様子について紹介します。朝活動の時間に子どもたちは毎日体力づくりをしています。今回はチャレンジ鹿児島の競技種目の一つである「なわとび」をしました。子どもたちは跳び方や縄の回し方を工夫し,自分の目標回数を目指し練習していました。1分間のタイム測定本番中は,相手を応援したり回数を数えたりしていました。測定後上手くいかなかった子には「まあ,どんまい!」などと声かけをしたりする姿が見られました。少ない人数ですがお互いがライバルになり,記録を競うことで全体的に記録が高まってきました。

 毎週更新される「たくさん跳べた人ランキング」。次はだれが児童生徒の中で1位をとるのか楽しみですね。もちろん先生たちも全力で勝負しますから,次は児童生徒のみなさんに負けないようがんばります。

 DSCF8566.JPG DSCF8568.JPG

DSCF8567.JPG

走って作って笑って想い出作って~お別れ遠足~ 

 2月19日(火)大粒の雨が降る中,子どもたちが登校してきました。「せっかく作ったのに!」と全員で作った大量のてるてるぼうずを指差し,少し不満げな姿が見られました。

 テンションの下がった子どもたちでしたが,王様ドッジボールやキックベースなどの校内遠足のレクリエーションが始まると体育館中に元気な声が響き始めました。とくにキックベースでは1度に7点を取るなど,白熱した戦いになっていました。

 昼食のハヤシライスは全員で作りました。洗い物班,ピーラー班,包丁班の3班に分かれ子どもたち同士で協力,連携を取り合った結果,予定よりも30分以上早く出来上がりました。1年近く一緒に過ごした仲間の得手不得手を良く知り,信頼し合っている子どもたち。その成長に気づかされ,驚かされた出来事でした。出来上がったハヤシライスはすぐに完食でした。

 午後はDVD鑑賞やかくれんぼ,ケイドロなどをして楽しんでいました。校内遠足解散式間際になると「校内遠足も案外楽しかったね」「いい思い出になったな」などとお互いに感想を言い合う姿が見られました。今年度のメンバーで一緒にいられる時間は残りわずかです。一日一日を大切に過ごしていって欲しいです。

 DSCF8541.JPG DSCF8499.JPG

 DSCF8548.JPG DSCF8480.JPG

 DSCF8523.JPG

どきどきの1日

 本校には中学3年生が1名在籍しています。中学3年生といえば,何年か前にわたしも受験生として勉強したのを今も覚えています。しかも,本校は1名の中学3年生ですので,1年間,みんなが楽しく遊ぶ中,受験のために一生懸命学習に取り組んで来ました。1月31日に高校入試のため上鹿し,2月12日には試験を終え,元気に帰島しました。しかもその日は合否発表の日。朝から緊張感が伝わってきました。16時を回り,いよいよ発表の時間。どきどきが一層増す中,「合格しました。」と保護者から連絡が来ました。そのことを伝えると,とても喜び,「頑張ってきてよかった」という声も聞くことができました。学校にいた子どもたちや先生方も呼んで,お祝いもしました。1年間苦しみに耐え,自分の目標を達成するために本当によく頑張りました。この1年間あまりできなかった分,卒業式までの残りの平島での生活をめいいっぱい楽しんでほしいと感じることでした。

 また,本校は少人数教育ですので,個に応じた指導ができることも魅力の1つです。今回の中学3年生のようにあなたの「夢」を叶えるために,平島小・中学校で学びませんか。

1年に一度の・・・

 15日(金)は,1年に一度のバイキング給食を行いました。子どもたちは,1年に一度しかないこの日を楽しみにしていました。メニューはおにぎり,カップオムレツ,牛乳,からあげ,わかめスープ,野菜のケチャップ炒め,かじきのマヨネーズ焼き,フルーツポンチ,洋なしゼリーと種類抱負で,保護者・寮監さんと一緒においしく楽しい時間を過ごしました。前回の健康タイムで,「バランスよく食べること」や「他の人のことを考えてよそう」ということを学んでいた子どもたちは,自分たちで食べられる量を考えて,栄養バランスのとれた自分スタイルのバイキングスタイルにしていました。1年に一度しかない貴重なバイキング給食。また子どもたちの心の中に思い出のアルバムが1枚飾られました。

園児とのふれあい&鬼の正体とは・・・

 平島小中学校のすぐそばに,新しくたいらっこ園ができ,園児が砂場で遊んでいると,授業を終えた子どもたちが外に出てきました。みんな一直線に砂場へ向かい,園児に声をかけます。私も思わず飛び出し,園児の笑顔に癒やされました。この子達も大きくなったら平島小中学校の一員になるのかと今からとても楽しみです。

 最近の子どもたちの休み時間のブームは鬼ごっこです。休み時間になるたびに,外に掛けだし遊ぶ姿はまさしく,「子どもは風の子」という言葉がぴったりです。しかし!鬼ごっこに夢中になりすぎて,授業の始まる時間を忘れることがたまーにあります。そのときは教室から鬼が現れ,子どもたちに優しく,そして厳しくお説教するのでした。

IMG_8235.jpgIMG_8234.jpg

是非!一度!体験入学に!

 最近,平島にテレビの取材が来ることが多いのですが,離島での子どもたちの生活の様子を見た方が,平島に興味を持ち,もしかしたらこのブログを見てくれるのではないかと思い,平島小中学校の良いところを挙げていきます。

 まずは,子どもと教師との距離が近いことです。学年によっては,子ども一人に対し教師一人というところもあります。子どものペースに合わせた手厚い教育が魅力の一つです。

 次に,子どもたちの仲がとても良いことです。男の子も女の子も兄弟のように仲良く遊んでいます。人数が少ないので,学年関係なくみんなで一緒に遊びます。

 まだまだ挙げればきりがないですが,まずは,とても明るく温かい平島小中学校に是非,一度体験入学にお越し下さい!お待ちしております!

IMG_8249.jpgIMG_8248.jpg

検索

このアーカイブについて

このページには、2019年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年1月です。

次のアーカイブは2019年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ