2018年2月アーカイブ

お別れ遠足

 23日(金),お別れ遠足がありました。子どもたちは,「島民の方々に1年間の感謝の気持ちを込めた世界一美味しいカレーを作る!」と意気込みながら作業に取りかかっていました。

 火おこし班は,薪を割るところから始まり,火おこし器での火おこし,火の調節まですべて自分たちで手作業で行いました。始めは苦戦している様子でしたが,最終的にはコツをつかんで美味しいご飯を炊くことができました。

 カレー班は,上級生・下級生が協力しながら野菜の皮むきなどの準備をしている様子が印象的でした。量が多く,切るのもかき混ぜるのも一苦労。火おこし班が起こした火でひたすら煮込みました。カレーが完成すると達成感でいっぱいの表情でした。美味しくできたカレーを島民の方と一緒にお腹いっぱい食べていました。島民の皆様,たくさんのご参加ありがとうございました。

P1690415.JPGP1690426.JPGP1690556.JPGP1690464.JPGP1690507.JPG

 P1690462.JPGP1690593.JPGP1690622.JPGP1690654.JPGP1690669.JPGP1690698.JPGP1690697.JPG

頑張れ!公立高校入試!!(見送り式)

 公立高校入試を前に,中学3年生を児童生徒全員で港まで見送りにいきました。当日は,通船時間だけ大雨が降ったため,急遽,待合室での見送り式になりました。受験生,生徒会長,担任,校長とそれぞれの挨拶を終えたあと,狭い待合室が揺れるほどの大きな声のエールが,たくさんの島民の拍手とともに響き渡りました。頑張れ!受験生!!

022513.jpg022512.jpg022511.jpg

卒業式の練習が始まりました。

 今年度も,残りわずかになりました。本校では,今年度5名の児童生徒が卒業します。小中併設ということで,毎年,中学校の卒業式に合わせて,小学校校も卒業式を行っています。少ない人数ですが,島民や山海留学生の保護者の方など,たくさんの方が見守られる中で,とても温かい卒業式が毎年行われています。今年も,素晴らしい式になるように,しっかりと準備を進めていきたいと思います。卒業式は,3月10日(土)です。

02216.JPG02217.JPG02218.JPG02211.JPG02214.JPG02213.JPG02215.JPG02212.JPG

SYD『幸せの種まきキャンペーン』 出前授業

 貧困と共に生きる子どもたちの支援を続ける中で,「豊かさとは・・・,幸せとは・・・,生きるとは・・・。」について感じたことを基に,本校の子どもたちに出前授業をしていただきました。
 「ストリートチルドレン」や「死を待つ家」,「スカベンジャー」など初めて聞く言葉やその現状を伝える写真や動画を見ながら,子どもたちは,今ある自分を見つめ直し,幸せを改めて感じる機会になりました。また,世界には,自分たちと同じ子どもが苦しい生活をしているという現実と向き合ったことで,これからの将来について,見方・考え方が広がるとともに,深まったのではないかと思います。当日は,十島村の4島をテレビ会議システムでつないでの中継を行いました。

 子どもたちの感想からは,「(低学年)人に物をもらいながら生活したり,ゴミの中で暮らすなんて,かわいそうだった。」「(高学年)自分たちが恵まれていることを感じた。自分たちにも何かできないか考えたい。「(中学生)当たり前の生活を当たり前と思わず,世界の子どもたちの現状を考えながら,将来の目標について考えるきっかけになった。」など発達の段階に沿うそれぞれの感想をもつことができました。

http://www.syd.or.jp/volunteer/v_campain.html

022003.JPG022005.JPG022006.JPG022007.JPG022002.JPG022008.JPG022004.JPG022009.JPG022010.JPG

今年最後の授業参観がありました。

 2月から始めた諏訪之瀬島の伝統文化「八月踊り」の学習。子どもたちは,難しい曲調にも慣れてきました。そこで,せっかくなので,授業参観で保護者に見ていただくことにしました。Iターン者の多い諏訪之瀬島では,これまで歌い継がれてきた「八月踊り」の歌詞を知る保護者も少なく,文化の伝承に挑戦する子どもたちの姿に,会場は盛り上がりました。今年の夏は,子どもが大人に代わって,踊りを引っ張りたいと思います。

02192.JPG02195.JPG02194.JPG02193.JPG02196.JPG02197.JPG

バイキング給食

15日はみんなが楽しみにしていたバイキング給食でした。さまざまな料理に笑顔いっぱい,少しずつ料理を取っていく楽しさを味わいました。盛りだくさんの料理でしたが,あまりのおいしさに,あっという間に食べ終わってしまいました。その後は,お代わり合戦です。狙いを定めた料理をお腹いっぱい食べることができました。給食調理員さん,おいしい給食ありがとうございました!

P1690125.JPGP1690118.JPGP1690120.JPGP1690092.JPGP1690101.JPGP1690093.JPGP1690098.JPGP1690116.JPGP1690113.JPG

諏訪之瀬島「8月踊り」第3弾

 総合的な学習の時間で,諏訪之瀬島で引き継がれている「8月踊り」を学習しました。今回は,当初から計画していた3回目になります。島民の方を先生として招待し,歌い方や踊り方,また「8月踊り」の楽しさを教えて頂きました。「8月踊り」は,太鼓のリズムに合わせて男性方と女性方のかけ合いで歌いながら踊ります。何曲かあり,それぞれに曲が異なりますが,歌詞が同じというおもしろい踊りです。「共通歌」と言われる歌詞をいくつか覚えながら,2曲を学習しました。3回目になると,子どもたちは,上手に歌うことができるようになり,最後はみんなで歌いながら太鼓に合わせて踊りました。

 最終日の今日は,歌えて,踊れて,歌のかけ合いの楽しさを体感したことで,もっとやりたいという思いが膨らみ,急遽ですが,子ども会議が開かれ,島民の先生方に来週も教えに来て欲しいというお願いが始まり,予定にはなかったのですが,来週も継続することになりました。島の伝統を知ることは,とてもよいことなので,子どもの「やりたい・知りたい」という興味・関心に任せてみたいと思います。

02093.JPG02094.JPG02095.JPG02091.JPG02092.JPG02096.JPG02097.JPG

夢のつどい(豆まき)

 今年も早いもので,1月が「行って」しまい,「逃げて」いく2月となりました。

そんな2日(金)に夢のつどいが実施されました。この夢のつどいは,3つの班

(広報・短冊係,出し物係,鬼作り係)に分かれて準備をしてきました。

 広報・短冊係が事前に島内発送で島民・里親・保護者に夢のつどいのチラシを

作ったり,短冊を配付し,回収したりしました。当日,出し物係がイケメン王決定戦

という福笑いを行いました。とても工夫されていて参加した未就学児・児童・

生徒はもちろんですが,それを見ていた島民・里親・保護者も楽しんでいただ

いているようでした。みんなで完成した福笑いの絵をみて,大笑いをして楽しみ

ました。また,自分のやっつけたい鬼を発表した後に,鬼作り係が作った大鬼・

小鬼に豆を投げて退治しました。これで,明日から大丈夫!

DSCF2649.JPGIMG_1631.JPGIMG_1632.JPGIMG_1635.JPGDSCF2696.JPGP1680964.JPG

諏訪之瀬島の文化「8月踊り」を学ぶ!

 総合的な学習の時間の一環で,「島の文化を知ろう」題して,長い間歌い継がれている「八月踊り」を島民に先生になっていただき,諏訪之瀬島の歴史とともに学びました。夏休みや十五夜などに毎年踊っている子どもたちですが,その際に歌われる歌については,なぜ歌っているのか,どんな歌詞なのかなど,知らないことが多く,説明を聞く度に「そうだったんだ。」とたくさんの学びがありました。独特の曲調に楽しみながら歌い,みんなで踊りました。

P1680806.JPGCIMG7421.JPGP1680879.JPGP1680824.JPG02022.JPGCIMG7428.JPG

02021.JPGCIMG7428.JPG

検索

このアーカイブについて

このページには、2018年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年1月です。

次のアーカイブは2018年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ