昔の道具と昔のくらし<塩作り編> - 諏訪之瀬島小中学校

 いよいよ学年末。3月に入り,ほぼ学習内容を終えた3年生は,社会科の学習を更に掘り下げ,体験活動を計画,実行しています。今回は,海水から塩を作ることにしました。美しい海に囲まれた諏訪之瀬島では,当然海水は取り放題。これを使わない手はないと,海水から塩を作っていらっしゃる島民の方を訪ね,講師としてお願いをしに行きました。

 当日は,2年生と来島していたALTを誘って,いつもフェリーが着岸する港の近くに行きました。まずは,そこら辺の石を使い,火をたくためのかまど作りからスタートです。講師の先生が,大きな石と小さな石を使って,組み立てる様子に,最初から感動する子どもたち。その横に,早速,自分たちで作り上げました。次に,海に海水を取りに行き,鍋に移すと,いよいよ火を焚きます。マッチを人生で初めて見る子どももいて,どうやって火をつけるのか?から始まりました。来年度から始める,理科の予習になりました。

 「できたての塩で,できたての塩おにぎりを食べよう!」,先日のお別れ遠足の体験を生かして,自分たちで作り上げたかまどで米を炊きました。鍋いっぱいの海水がどんどん減っていく中,白いかたまりが見えてくると,「塩が出てきた!」と,大盛り上がり,水が完全に蒸発して,塩のかたまりが鍋の底に浮き上がると,自然と拍手が出ました。残念ながら,米は,おかゆ状態・・・。それでもラップで柔らかめのおにぎりを作り,できたて塩で美味しく食べました。

  塩を作れる楽しさと,作る大変さを学び,昔の人たちの苦労を少しでも感じることができました。翌日,お礼と感想を書いた手紙をもって,感謝の思いを伝え,学習が終わりました。また一つ,島の魅力を味わうことができた子どもたちでした。

CIMG2635.JPGIMG_1043.JPGCIMG2636.JPGIMG_1121.JPGIMG_1092.JPGFOJF3863.JPG1551768607673.jpgCIMG2656.JPG1551768575858.jpg1551768580019.jpg図1.jpgCIMG2662.JPGCIMG2660.JPGCIMG2666.JPGCIMG2670.JPG

昔の道具と昔のくらし<3年生> - 諏訪之瀬島小中学校

 島民にインタビューに行ったり,道具を作ったり,資料を使って調べたりしてきた社会科「昔の道具と昔のくらし」。とうとうこれまでの学習を一枚にまとめ上げることができました。最初は,大きな真っ白の模造紙でしたが,調理する道具や物を運ぶ道具,洗濯や農機具などいろいろな道具を調べていくうちに,たくさんの情報がつまった一枚になりました。インタビューからも,諏訪之瀬島では,道路・車・電気によって,生活が楽になったという話を聞き,電気のない生活,車はもちろん道路のない生活を想像するだけで,大変だったということが分かり,とてもよい学習になりました。ご協力いただいた島民の皆様,ありがとうございました。

CIMG2629.JPGCIMG2627.JPGCIMG2624.JPGCIMG2621.JPGCIMG2628.JPGCIMG2623.JPGCIMG2619.JPG

体育科「ハードル」<小学校> - 諏訪之瀬島小中学校

 3月を前に,体育科では,指導計画で最後となる「ハードル走」に入りました。たった四人での小学校全児童での体育ですか,指導内容や学年に応じた個人目標を設定することで,互いに協力し,また目標,ライバルとしながら頑張っています。今回は,最初と言うことで,基本的な足の動かし方やリレー,みんなが楽しめるルール作りなど,身体を動かす時間を十分に確保する中で,体育科においても主体的で対話的な活動を取り入れた学習になりました。みんなが楽しみたいと思う気持ちとリレーは勝ちたいという気持ちの葛藤の中でルールをつくりあげていく様子は,とてもほほえましく,もっとやれ~と応援したくなりました。これから,どんどん上達し,一番最初に測った記録と比較することで,個々の成長を実感するとともに,身体を動かすことへの楽しさを味わって欲しいと思います。

CIMG2613.JPGCIMG2604.JPGCIMG2586.JPGCIMG2562.JPGCIMG2506.JPGCIMG2572.JPGCIMG2601.JPGCIMG2615.JPGCIMG2556.JPGCIMG2526.JPGCIMG2540.JPG

 平成30年度もあと1か月になり,1年間を振り返って友達と楽しむとともに,島民の方々に日頃の感謝の気持ちを手作りカレーでもてなす「お別れ遠足」がありました。今年は,あいにくの天気で,毎年行っていたキャンプ場をあきらめ,公民館での実施になりました。

 全校児童・生徒6人で取り組んだカレー作り。中学生の2人が,段取りよく,また上手に小学生をリードしながら一緒に作りあげました。12時に,島内放送で,カレーができたことをお知らせして,一人一人に子どもたちがカレーをつぎ,日頃の感謝を伝えた後,大勢で,カレーを食べることができました。子どもたちの作ったカレーを,「おいしい,おいしい。」,「おかわり。」と食べていただき,子どもたちも,嬉しい気持ちになりました。

 その後,学校に帰って,「進級を祝う会」として,全児童・生徒,教員,島民と一緒にレクリエーションを楽しみました。

P1780805.JPGP1780789.JPGP1780786.JPGP1780760.JPGP1780739.JPGP1780691.JPGP1780659.JPGP1780621.JPGP1780604.JPGP1780599.JPGP1780580.JPGP1780572.JPGP1780566.JPGP1780563.JPGP1780561.JPGP1780554.JPGP1780551.JPGP1780526.JPGP1780812.JPGP1780819.JPGP1780841.JPGP1780849.JPGP1780846.JPGP1780851.JPG

総合的な学習の時間に島民の方に講師になっていただき,島でとれた夜光貝を使ったアクセサリーを作りました。夜光貝をカットした様々な形の中から,一人一人が好みの一つを選び,紙やすりを使って,3段階で丁寧に磨いていきました。1枚目の紙やすりは,ざらざら感があり,磨いている感触がありましたが,2枚目,3枚目に進むにつれて,「これで磨けているの?」「何にもざらざらしてないけど,きれいになるの?」など,つぶやく姿もありました。しかし,3枚目が終わり,水で洗うと,太陽の光に様々な色の光を出す夜光貝に,「きれい!」「すごい!」「たくさんの色が見える!」など,一瞬で,子どもたちの目が,夜光貝と同じくらいの輝きました。講師の先生から,ペンダントにする紐やキーホルダーにする部品をいただき,ドリルで穴を開けると,世界にたった一つの夜光貝アクセサリーができあがりました。

 島に住み,島の物を使った,島の魅力を堪能する。とてもよい学習になりました。

P1780465.JPGP1780455.JPGP1780453.JPGP1780447.JPGP1780437.JPGP1780433.JPGP1780431.JPGP1780429.JPGP1780424.JPGP1780420.JPGP1780520.JPGP1780519.JPGP1780517.JPGP1780518.JPGP1780489.JPGP1780497.JPGP1780485.JPGP1780521.JPG

バイキング給食がありました! - 諏訪之瀬島小中学校

 児童生徒が楽しみにしていた一年に一度のバイキング給食が実施されました。「今日のバイキング給食のために,朝ランや授業を頑張りました!」という声が多く聞かれ,本当に楽しみにしていたのだという様子が伝わってきました。

 おにぎり・からあげ・シューマイ・カップオムレツ・カジキのマヨネーズ焼き・野菜のケチャップ炒め・わかめスープ・フルーツポンチ・ゼリー・牛乳と盛りだくさんのメニュー。自分が食べられる量やバランスを考えてそれぞれ取っていました。諏訪之瀬島では,もちろんですが,飲食店等が無いため,児童生徒にとってバイキング形式の食事は珍しく貴重な経験となったようです。あわてず落ち着いて食べる・後の人のことを考えて取るなどマナーにも気をつけて食べることができていました。実際の飲食店でも今日のことを思い出してほしいなと思います。

献立を考えてくださった先生,心をこめて作ってくださった調理員さん,ありがとうございました。とても美味しかったです!

P1780376.JPGP1780385.JPGP1780388.JPGP1780369.JPGP1780394.JPG


P1780390.JPG
P1780393.JPG

作品が続々,完成しています!<3年生> - 諏訪之瀬島小中学校

 図画工作科や国語科で取り組んでいた作品がどんどんできあがってきました。子どもたちも大満足です!図画工作科では,「とびらをひらくと!」では,色画用紙の扉を開くと,夢の世界が広がっています。国語科では,ことわざ調べを行い,「動物」や「言葉」,「同じ意味」などの視点で,好きなことわざを調べ,自分の好きなことわざがつまった世界に一冊の「ことわざブック」を作り上げました。また,それに合わせて,詩集も作り,カラーコピーを使い増産して,配ろうと企む3年生です。

CIMG2398.JPGCIMG2399.JPGCIMG2395.JPGCIMG2396.JPGCIMG2400.JPGCIMG2389.JPGCIMG2390.JPGCIMG2387.JPGCIMG2386.JPGCIMG2388.JPGCIMG2391.JPGCIMG2394.JPG

 社会科「昔のくらしと道具」を学習している3年生。先週の島民へのインタビューがきっかけで,道具への関心が高まり,学校に資料として展示されているすすきぼうきに着目(これ,つくれるんじゃない?)。そこで,自分たちでもすすきぼうきを作ることにしました。

 まず,諏訪之瀬島の火山「御岳」の麓にすすきを採りに行きました。一本を作るのに30~50本あればよいとの事だったので,一人50本を目標に3人で1時間かけて集めました。できるだけ,わたがついていないものを選ぶようにしましたが,集めてみるとたくさんのわたがついていて,2人でわた飛ばしを楽しみました。

 教室に帰ると,国語科でのパソコン入力の学習を生かして,パソコンでインターネットを使い,作り方を調べました。何とか無事に,世界に一つだけのすすきぼうきが完成しました。わたが完全になくなるまでは,掃除しているのか,汚しているのか分からないかもしれませんが,自分で作ったほうきを握りしめて,早速掃除をしてくれました。「昔の人は,必要なものを自分たちで作るなんてすごいな。」そんな会話が飛び交いながら,体験的に学ぶよい機会になりました。

CIMG2208.JPGCIMG2202.JPGCIMG2211.JPGCIMG2214.JPGCIMG2219.JPGCIMG2227.JPGCIMG2230.JPGCIMG2222.JPGCIMG2237.JPGCIMG2235.JPG

ことわざについて調べよう!<3年生> - 諏訪之瀬島小中学校

 国語科で学習する「ことわざを調べよう」の導入。今日は,ALTのブライアン先生が口之島から来校してくださる日だったので,一緒に学習を行いました。

 これまで,休み時間等に「ことわざカルタ」で楽しんできた子どもたち。ここぞとばかりに,たくさんのことわざを発表すると,ブライアン先生に自慢していました。また,ことわざ辞典に初めて触ることで,これまで知らなかったたくさんのことわざと出合い,「同じ意味のことわざ」「同じ動物や物,言葉が出てくることわざ」など,新しい視点で,ことわざ探しができました。

 終盤には,ブライアン先生と「ことわざカルタ」で勝負をするという,自分たちが圧倒的に有利な戦いを持ち込むなど,楽しい学習の時間になりました。最後に,アメリカにも英語の「ことわざ」があることを聞くと,興味津々となり,今後の学習に広がりが見えてきました。今日の関心を大切に,自分だけのことわざBOOKを作ります!

CIMG2082.JPGCIMG2083.JPGCIMG2086.JPGCIMG2079.JPGCIMG2077.JPGCIMG2075.JPGCIMG2073.JPGCIMG2081.JPG

夢のつどい<児童・生徒会活動> - 諏訪之瀬島小中学校

 「夢のつどい」と題して、児童・生徒会が企画・運営する節分の会を行いました。2学期から、各担当に分かれて準備を進めてきました。当日は、島民の方にも案内状を送り、参加していただきました。会の中では、自分の追い出したい鬼の発表や豆まきだけでなく、子どもたちが考えたレクリエーションを島民や未就園児と一緒に楽しむことができました。鬼を追い出し、福を呼び入れ、新たな気持ちで春を迎えた子どもたち。今年も、きっと大きく成長してくれるだろうと、期待しています。

P1780322.JPGP1780297.JPGP1780304.JPGP1780307.JPGP1780306.JPGP1780260.JPGP1780263.JPGP1780288.JPGP1780270.JPGP1780265.JPGP1780272.JPGP1780316.JPG

検索

アイテム

  • 図1.jpg
  • 1551768575858.jpg
  • CIMG2660.JPG
  • CIMG2666.JPG
  • 1551768580019.jpg
  • IMG_1121.JPG
  • IMG_1092.JPG
  • FOJF3863.JPG
  • IMG_1043.JPG
  • CIMG2662.JPG

月別 アーカイブ