手作り絵本の読み聞かせ -保育士さんと-

5月27日(火)1校時,職員の知人の保育士さんが学校を

訪れ,1~4年生の児童と楽しい時間を過ごしました。

まず児童は,自己紹介をしました。(学年・名前・好きなもの)

次に,保育士さんの手遊び歌に合わせ,体全体を動かして

みんな笑顔いっぱいでした。

527a.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして,保育士さんの手作り絵本を3冊読み聞かせしていた

だきました。どれもかわいいキャラクターが登場してきて,児童

は「あっ!かいじゅうくんがいる。」「とうふだんきょうだいが,お

もしろい。」「クイズの答えはぶどうだ!」などと,大盛り上がり

でした。

527b.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3148.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして児童3人が,国語科の学習で作った絵本の読み聞かせ

をしました。どの作品も「起承転結」が工夫されていて絵も丁寧

に描かれていました。

527c.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに2校時は,特別支援学級の児童は保育士さんと一緒に粘土

遊びなどをして,楽しい時間を過ごしたようです。

527.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

児童は,初めて会った方に「おはようございます」「ありがとうござい

ました」「さようなら」など,あいさつを進んで言うことができ,笑顔で

積極的に話をすることができました。

 

また,保育士さんが,「子どもたちが素直でかわいい。」とおっしゃっ

ていて,宝島小中学生の良さが伝わって嬉しく思うところでした。

楽しい時間をありがとうございました。

 

 

 

検索

この記事について

このページは、十島村小中学校が2014年5月27日 16:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「修学旅行の感想発表 -児童生徒朝会-」です。

次の記事は「いろいろな思いを抱きました -人権教室-」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。