図書館をたくさん利用してもらうために-紙芝居-

4月23日(水)~5月12日(月) は,子ども読書週間です。

宝島小中学校の児童生徒のみんなに図書館をたくさん利用してもらおうと,

図書館でイベントを行いました。

図書・放送委員会のメンバーと先生達で,紙芝居を行いました。

読み聞かせ.JPG委員.JPG

 

 

 

 

 

 

 

1つ目のお話は『ゆうれいの おきゃくさま』

ゆうれいとクリーニングやのやりとりがとっても楽しいお話でした。

2つ目のお話は,『なんでも なおす おいしゃさん』

フランス民話の『お百姓の医者』を,子ども向きにつくりかえたお話です。

ぞうさんの役がとっても上手で,しかもお話がおもしろくみんな楽しそうに聞いていました。

聞いている様子.JPG

検索

この記事について

このページは、十島村小中学校が2014年5月 1日 13:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「もしもに備えて -AED講習会-」です。

次の記事は「本日フェリー出港 -バドミントン大会出場-」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。