しいたけを育てよう!<一日目>

 総合的な学習の時間で,島のことを調べている中で,昔は,しいたけを自分の家でたくさんの人が育てていたことを知り,シイの木を隣の島である中之島に職員がもらいに行き,島民を講師にお呼びして,しいたけのこま打ち体験をしました。切り出されたシイの木に専用のドリルで穴を開けることから始めました。子どもたちは,初めて使う道具に,最初はドキドキしながら,腰がひけていましたが,徐々に慣れるにつれ,リズムが生まれたり,スピードが上がったりと,かなりの上達が見られました。ドリルで開けた穴には,しいたけの菌を含ませたこまを,木槌や金槌で叩きながら,一つずつ打っていきました。全部で1000発のこまを打ちました。職員にとっても,しいたけを栽培する方法を初めて知るものもおり,みんなにとって,貴重な経験になりました。

P1780238.JPGP1780214.JPGP1780172.JPGP1780213.JPGP1780183.JPGP1780201.JPGCIMG1921.JPGP1780141.JPGP1780137.JPGP1780172.JPGP1780161.JPGP1780150.JPGCIMG1928.JPGP1780250.JPGP1780247.JPG

検索

この記事について

このページは、諏訪之瀬島小中学校が2019年1月24日 14:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「イプシロン打ち上げ成功,おめでとう!」です。

次の記事は「薪割を体験!<3年生>」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ