十五夜・相撲大会・敬老を祝う会

 十五夜ということで,奉納祭を行いました。諏訪之瀬島では,子どもたちが回しを締めて,「すもう~,すもう~!」といいながら,五穀豊穣の紅白旗を掲げ,集落を歩いて回ります。その後,港や神社に行き,奉納のかけ声を全員で行いました。

 集合場所である公民館では,島民の皆さんが一昨日手作りでこしらえてくださった土俵でわんぱく相撲を取りました。子どもたちの相撲に島民の方々から歓声があがり,勝手も負けてもジュースや文房具など商品を手に,嬉しそうな子どもたちでした。大人の部では,学校職員の真剣勝負に,大きな拍手を頂きました。

 最後は,島民全員での綱引きを先日の体育大会の紅白に分かれて行い,体育大会に続き白組の勝利で幕を閉じました。これできっと来年も豊穣間違いなしです!

 

 十五夜のあと,一旦家に戻り風呂とご飯を済ませた後で,再度公民館に集まり,敬老を祝う会を行いました。子どもたちからは,歌のプレゼントを贈り,その後全員で八月踊りを踊る楽しい時間になりました。

P1750931.JPGP1750929.JPGP1750924.JPGP1750923.JPGP1750908.JPGP1750874.JPGP1750915.JPGP1750877.JPGP1750871.JPGP1750869.JPGP1750861.JPGP1750847.JPGP1750867.JPGP1750863.JPGP1750856.JPGP1750845.JPGP1750837.JPG

検索

この記事について

このページは、諏訪之瀬島小中学校が2018年9月25日 16:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「算数科研究授業第5学年」です。

次の記事は「弁当型給食を行いました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ