特別の教科「道徳」の研究授業

 今年度から,(9月4日)小学校で教科化された「道徳」の研究授業を行いました。対話を通して,考え,議論する道徳を検証するための授業を構成しましたが,2人の学級でどのように議論する道徳を進めていくのか,教職員が考える機会になりました。子どもたちは,いつもと変わらず,元気いっぱいに考えを発表し,日本の文化,良さである「おもてなし」の心について感じ,考える時間になりました。今後は,来年度から教科化される中学校でも授業を実践し,準備を進めていきたいと思います。

P1750038.JPGP1750049.JPGP1750026.JPGP1750036.JPGP1750045.JPGP1740995.JPGP1750017.JPGP1740991.JPGP1750001.JPGP1750009.JPGP1750024.JPGP1740999.JPG

検索

この記事について

このページは、諏訪之瀬島小中学校が2018年9月17日 08:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「2学期がスタート!まずは,身体計測!!」です。

次の記事は「算数科「かけ算の筆算」研究授業(事務所・教育委員会学校訪問)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ